目白れい皮膚科クリニック|JR山手線「目白」駅から徒歩1分の皮膚科です。皮膚科専門医による保険診療・自由診療を行っております。

巻き爪

巻き爪

巻き爪の症状と原因

巻き爪とは、爪が筒状に巻かれたようにカーブしてくる状態のことをいいます。カーブが強くなってくると、爪の周囲の皮膚に刺さったり、食い込んできて、痛みを伴うようになってきます。こうなると爪の周囲の皮膚も赤く腫れてきます。さらに2次感染を起こして化膿したり、炎症性の肉芽腫を形成してくることもあります。 原因は、自然に巻いてくることもありますが、きつい靴を長時間履いたり、爪を短く切りすぎたことがきっかけになることもあります。

巻き爪の治療

痛みが軽い場合は、食い込んでいる爪の下に小さく丸めた綿を入れてクッションを作る「コットンパッキング」という方法や、伸縮性のあるテープを使って爪と周囲の皮膚を離すように固定する「テーピング」という方法で、爪の食い込みを避けながら、爪は短く切らずにスクエアカットの形にやや伸ばし気味にしてもらい様子をみます。 2次感染を起こした場合には、抗生剤の飲み薬と塗り藥で治療していきます。この時は痛みがあるのでコットンパッキングやテーピングはなかなか行えません。炎症が取れてから行ってもらいます。 爪の食い込みが強く難治性の場合は、爪の食い込んでいるところをくさび型にニッパーで仕方なくカットすることもありますが、その後も爪は食い込みながら再び伸びてくるので、やはり、テーピングを行ってもらっています。 しかし、これらの保存的な治療ではなかなか改善しない場合もあります。 手術で爪の一部を根元から抜いて生えなくする方法や抜爪する場合もありますが、ときに再発したり、生えてきた爪が醜く変形してきたり、歩きにくくなることもあるため、現在はあまり行われていません。 そこで、当院では手術の代わりにB/Sブレイスクイックというドイツ発祥の矯正術を行っています。これは爪にグラスファイバー製のプレートを貼り、このプレートの張力により、爪を矯正していく治療を行っています。施術中の痛みもほとんどありません。 また、B/Sブレイスクイックは半透明のプレートなので装着後も目立たず、上からマニュキュアも使用できるので、見た目も自然です。 B/Sブレイスクイック治療例なお、この治療は保険適応対象外の治療です。 ▶「B/Sブレイスクイック」の施術内容・価格はこちら
PAGETOP

クリニックのご案内

〒171-0031
東京都豊島区目白3-4-13 大熊ビル3階

お気軽にお問い合わせください。

TEL:03-5988-4112

診療時間

診療時間
9:00〜12:30
14:00~17:30

休診日木曜、日曜、祝日

診療科目

皮膚科 保険診療、自費診療、化粧品販売

JR山手線「目白」駅より徒歩1分

※当院は保険診療を中心としたクリニックです。  受付順に診察のご案内をしております。これまで通り予約制ではございません。 ご利用されたことがない方で、自由診療をご希望の方は、電話でお問い合わせください。